アルキメデスの大戦はFODとU-NEXTで動画配信中

令和の今。

戦時中の話を…記憶として語る人が身近には居ないおじさん。

「聞いた事はある!?」

もう…この知識でしかない現実だけどさ。

「風化する記憶」

当たり前な平和で…戦時中は”あやふやな耳だけ記憶”は、かなり間違いとも感じるますから。

「観るべき平和な令和で」

又…歴史で学んだ情報も研究で分かった事実も増えてますからねぇ。

「アルキメデスの大戦!?」

全く知らないタイトルでも…もしかしたら”アルキメデスの原理”だとさぁ。

「聞いた事あるかも」

是非…入口は耳からでもイイ”戦争に結びつく”真実と平和にについて確認しましたぞい。

 

この記事では映画やあらすじ、見どころ、キャストやおすすめの動画配信サービスの情報などをご紹介しています

 

『アルキメデスの大戦』はFODとU-NEXTで動画配信されています

 

 

FODプレミアム公式サイトは、下記です【AD】

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

↓ ↓

 

まずは無料でお試し!【FODプレミアム】

 

FODプレミアム

 


 

U-NEXTの公式サイトは下記です

↓ ↓

U-NEXTの1ヶ月間の無料お試しキャンペーンはこちら!

 

U-NEXT

 

放映中最新ドラマ・映画・雑誌などが見れるVOD

 

FODプレミアムの魅力

 

フジテレビオンデマンド(FOD)では、放映中最新ドラマやアニメ、バラエティ、ライブ、最新映画などを見ることができます。

特にフジテレビオンデマンド(FOD)の月額定額のFODプレミアムコースでは、入会だけで8のつく8日、18日、28日に400ポイントゲット出来ます!

その後も毎月同様のポイントがもらえます(月額費用は定額888円です)

そのFODプレミアムですが、

「Amazon Pay」アカウント入会で無料お試しキャンペーンがあり、お勧めいたします。

雑誌を月に2冊以上購入する方やdvdなど2枚以上レンタルする方は、元が取れると思います。

 

(1)フジテレビの動画が豊富

 

しかも独占タイトルが5,000本以上! フジテレビの現在放送中のタイトルだけでなく、 『リッチマン、プアウーマン』『昼顔』などの 過去の名作ドラマを中心に5,000本以上の独占タイトルを配信しています!

 

それ以外にもバラエティ、アニメ、 映画など様々なジャンルから、 選りすぐりのラインアップde

あの大人気タイトルがいつでもどこでも楽しめます。

 

(2)FODプレミアムのその他の魅力(雑誌やコミックも楽しめます)

 

FRIDAYやFLASHなど100誌以上の人気雑誌が読み放題で15万冊以上のコミックも楽しむ事が出来ます。

 

FODプレミアム公式サイトは、下記です【AD】

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

↓ ↓

 

まずは無料でお試し!【FODプレミアム】 FODプレミアム

 

(3)FODお勧め作品

お勧め最新ドラマ

 

 

お勧め最新バラエティ

 

 

お勧め最新映画

 

 

お勧め最新アニメ

 

 

U-NEXT(ユーネクスト)

 

U-NEXTは高画質が売りで国内でも最大手のサービスです

31日間の無料お試しキャンペーンしているため、最新話も無料で見れます

入会ポイントも600ポイント無条件で付与されます

 

スマホ(スマートフォン)、タブレットやtvなどでダウンロード(dl)再生も可能なため、パケット通信費用が抑えられます。

高画質のストリーミング再生が屋外でも可能な点は魅力な点でお勧めできます。

映画、ドラマ、アニメなど最新作から名作まで、140,000本以上以上配信しています!
※見放題作品90,000本、レンタル作50,000本(2019年1月末時点)

スマホ・パソコン・タブレット・テレビ、あらゆるデバイスで楽しめる動画サービスです。

成人向け作品も31日間無料トライアルで視聴可能ですが、
ペアレンタルロック機能を使用して、非表示にすることも可能です。

雑誌も70冊以上読み放題で、電子書籍も充実しております

映画やドラマ、アニメの原作なども合わせて楽しめます。

 

電子書籍も無料で読めてお得です

U-NEXTの公式サイトは下記です

↓ ↓

U-NEXTの1ヶ月間の無料お試しキャンペーンはこちら!

 

U-NEXT

 

U-NEXTおススメ作品

ドラマ

 

邦画

 

洋画

 

韓流・アジアン

 

アニメ

 

 

苦悩ある時代に…生き抜く矛盾なる”希望・欲望・絶望”を表現し、心粋感じさせる演技の役者陣です。

 

櫂直(菅田将暉さん)

田中正二郎(柄本佑さん)

尾崎鏡子(渡辺美波さん)

大里清(笑福亭鶴瓶さん)

大角岑生(小林克也さん)

宇野積蔵(小日向文世さん)

永野修身(國村隼さん)

嶋田繁太郎(橋爪功さん)

平山忠道(田中泯さん)

山本五十六(舘ひろしさん)

 

今まで学んだ事は…最前線で必死に生きた人達の”僅かな情報の欠片”かも知れないと心して望もう。

 

「政治と戦争と美意識!?」

おじさん。

意外とかもで…幼少時代に聞いた”戦時中の真実”は現地へ向かう男性と、家族を守る母親らの声として捉えてましたねぇ。

例えば。

「手紙!?」

戦地へ向かわれた全ての方が…家族に手紙を出せたとは考えにくい厳しい時ですから。

「貴重な資料」

もしかしたら…重要な機密情報が書かれていると思い込んでいましたけれども。

「残した家族を心配する文面だけ」

余計な情報は絶対に許されない…今どこに居るのかも”不透明”な内容だと知りましたよ。

「やはり!?」

難しい事や、大戦中なる詳細な記述は理解していなくてもさぁ。

「知らない日本の結末」

敗戦した事を認めない…当時の日本人は仕方ないとも感じてしまいますねぇ。

だからこそ。

我々、戦争の悲惨さを知るべき現実として…新たな視点で教わる事が出来る”アルキメデスの大戦”は観て欲しいですからねぇ。

「政治と戦争と美意識を!?」

気づける今との共通点…起こさせない過ちバイブルとして来世につなごうぞぃ。

そして。

やはり生い立ちは悲しいけど…大和は美しいと実感もあるハズですから。

 

世界恐慌がもたらした…巨大戦艦へのもくろみを阻止する数学者が一人戦います。

 

時は1942年。

世界恐慌は日本も大きな影響を受け…国家回復をもくろみ中国大陸への進出を挑みました。

しかし。

同じく…中国大陸進出を狙う欧米列強との争いは避けれない事態となります。

そこで。

日本帝国軍は、新たなる大型戦艦・大和の建造を目指したのですが…。

山本五十六(舘ひろしさん)等による、航空機による制空権を有利にする戦略派で意見は分裂してしまいます。

更には。

大型戦艦大和が新型戦艦造船会議で…大和を提案する男・平山忠道(田中泯さん)が安い見積書を偽装していた事実を知り。

「天才数学者に未来を!?」

海軍所属では無い…櫂直(菅田将暉さん)に偽装を暴き、真の未来を託す”数字での戦い”を挑ませるのでした。

 

武器を持たない心理戦略顔…ベテラン俳優陣が”カギ過ぎカッコ良すぎ”と思うぞぃ。

 

そして言いたい方。

「笑福亭鶴瓶さん」

ホントは1番で…。

舘ひろしさんの…山本五十六が惚れるの確定ですけれど。

兎に角…鶴瓶さんは後書きで触れるとしましてのぉ。

「小林克也さん・小日向文世さん・國村隼さん・橋爪功さん」

書いてない方も名優さんで…なんか、字稼ぎにもなりそうなんで控えますけれども。

「凄み顔勝負!?」

どうしても…戦艦大和の雄姿とか”戦火のシーン”が魅力最大限に思われそだけどね。

原作漫画…あの駆け引きが”動画でどうだ~”と染みるシーンと確信してますからねぇ。

是非。

「コワ迫力顔色」

CGはゼロ戦略な…本物の戦い顔を期待して欲しいですぞぃ。

 

永遠に人を大切に想う製作者達が、視点変えた”守るべき永遠”を魅せています。

 

原作:三田紀房さん ドラゴン桜で有名な漫画家さん…仕事ぶりにも従来の発想に縛られない作品作りも話題の方です。

監督・脚本・VFX:山崎貴さん

音楽:佐藤直紀さん

制作:市川南さん 私達が記憶に残る、多くの話題作を提供し続けるプロデューサーさんです。

エグゼクティブプロデューサー:阿部秀司さん・山内章弘さん

プロデューサー:佐藤善宏さん・守屋圭一郎さん

ラインプロデューサー:阿部豪さん

撮影:柴崎幸三さん

 

重くのしかかるメッセージに…原作主役達の”現代主役顔”が合間に見えそうでリラック間っす。

 

「主演・菅田将暉さん」

もう…素人なおじさんが、語らなくてもイイ俳優さん。

なんでね。

「演技でハレル!?」

とは言いづらい…物語は深刻な認識にはなるんですけれど。

「原作とは違うかも」

櫂直と言う男…前面マジメでギャグ感は皆無なイメージとしつつでさぁ。

「現代なる演技!?」

名シーン…戦艦を地道に測るシーンがあるんですけれど。

「測るのオモロー」

セリフ絶対に違うけど…無邪気な子供の新発見をしたい顔はカワイイハズですよ。

まるで。

「ハリセンボンはるかさんのストップウォッチ!?」

小学生時代…けん玉じゃない”ストップウォッチ”に夢中だったらしい彼女をイメージしてるおじさんってね。

「これまた違うけど夢中顔はイイ」

きっと魅せる…無茶苦茶な一時の笑顔を想像しつつで”公開日までストップウォッチカウントダウン”で待ちましょうぞぃ。

 

原作の大技清し…大里清が”鶴瓶師匠寄席”なのは必然らしくて嬉しいぞぃ。

 

「もしかして模写!?」

完全に統一顔…笑福亭鶴瓶さん演じる”大里清なる造船会社社長”ってさぁ。

TVとか見ながら書いてる疑惑が…遅すぎ情報で気になり調べてますと。

「はい!?」

ほぼ、お認め…心地いい出演の架け橋顔となったみたいですぞぃ。

やはりさぁ。

「漫画家さんと芸人さんは懐が深イイ」

この話でも人気は確定…後は関西弁が流暢に浸水する船みたいに順調な船出公開と〆ますぞぃ