ザ・ ファブルはU-NEXTで動画配信中

人生には…観れない作品が多すぎると嘆きあるおじさんってねぇ。

「観ないで良かった!?」

行けてない劇場を…イケてない映画マニアと、否定させない出会いがあると思うんでねぇ。

「ザ・ファーム観る!?」

説明しよう…ザ・ファーム診るとは、後に気づく失敗を誰にも悟られずに”家観する環境”でありまして~。

「遅れた頃、See屋!?」

気付かれない殺し屋風で…しらりと買わす”DVD&Blu-ray”の意味を兼ね備えた、素泣いた~の過去も意味してますぞぃ。

と、言う事でして~。

「ザ・ファブル」

非常に危険を回避した…殺し屋の”凝ろう思案”も含めた解説も頑張ってみますぞぃ。

 

この記事では映画の見どころ、出演者やおすすめの動画配信サービスの情報などをご紹介しています

 

『ザ・ ファブル』はU-NEXTで見れます

 

 

U-NEXTの特徴

 

①放送後のドラマ作品が、テレビ放送後にすぐに見れる(レンタルショップでdvdレンタルが始まる前に見ることができます)

 

②入会するだけで、31日間の無料お試しキャンペーンしている(入会日から31日間です)月をまたいでもOKです

 

③入会するだけで600ポイントもらえます(コミック原作や最新映画、映画館割り引きなどに使えます)

 

*31日後も毎月1200ポイントがもらえます

他局や映画、雑誌コミックなど多彩にあるため、お得感がります(雑誌は70冊以上読み放題です)

 

U-NEXTの公式サイトは下記です

↓ ↓

U-NEXTの1ヶ月間の無料お試しキャンペーンはこちら!

 

U-NEXT

 

放映中最新ドラマ・映画・雑誌などが見れるVOD

U-NEXT(ユーネクスト)

 

U-NEXTは高画質が売りで国内でも最大手のサービスです

31日間の無料お試しキャンペーンしているため、最新話も無料で見れます

入会ポイントも600ポイント無条件で付与されます

 

スマホ(スマートフォン)、タブレットやtvなどでダウンロード(dl)再生も可能なため、パケット通信費用が抑えられます。

高画質のストリーミング再生が屋外でも可能な点は魅力な点でお勧めできます。

映画、ドラマ、アニメなど最新作から名作まで、140,000本以上以上配信しています!
※見放題作品90,000本、レンタル作50,000本(2019年1月末時点)

スマホ・パソコン・タブレット・テレビ、あらゆるデバイスで楽しめる動画サービスです。

成人向け作品も31日間無料トライアルで視聴可能ですが、
ペアレンタルロック機能を使用して、非表示にすることも可能です。

雑誌も70冊以上読み放題で、電子書籍も充実しております

映画やドラマ、アニメの原作なども合わせて楽しめます。

 

電子書籍も無料で読めてお得です

U-NEXTの公式サイトは下記です

↓ ↓

U-NEXTの1ヶ月間の無料お試しキャンペーンはこちら!

 

U-NEXT

 

U-NEXTおススメ作品

ドラマ

 

邦画

 

洋画

 

韓流・アジアン

 

アニメ

 

 

原作に準じた凄腕キャスティング…そして”岡田准一さん”の主演で、惚れこみ”純したキャスト”になってますぞぃ。

 

佐藤明/ファブル(岡田准一さん/幼少期:南出凌嘉さん)

ヨウコ(木村文乃さん)

ミサキ(山本美月さん)

フード(福士蒼汰さん)

小島(柳楽優弥さん)

砂川(向井理さん)

コード(木村了さん)

クロ(井之脇海さん)

貝沼エツジ(好井まさおさん)

砂川の部下(加藤虎之介さん)

松沢(栗島瑞丸さん)

バーのマスター(六角精児さん)

鉄板焼き屋の店長(モロ師岡さん)

河合ユウキ(藤森慎吾さん)

ジャッカル富岡(宮川大輔さん)

田岡田(佐藤二朗さん)

浜田(光石研さん)

海老原(安田顕さん)

ボス(佐藤浩市さん)

 

原作漫画の殺し屋の動き…実写化で”実によっしゃ”と唸るファン、岡田さんならトォ~然のアクションっすね。

 

期待…それは”気体”とも例えたい、雲を掴む様な殺し屋のアクションとも言いたいおじさんってねぇ。

「鍛え」

もう…アクションシーンを想定した”鍛え”とも言える、敵が掴めない身軽さが絶賛吠える中になるからさぁ。

「惚エール♪」

クジラじゃないよ…惚れるエールを叫ぶおじさんには、HOTエールの意味も込めたアツい眼差しを送り続けるとして~。

「ファンブルー」

聞こえてない叫び…男泣きする”ファンブリっ子”でもダメな、ファンブルの応援殺し文句にしてますぞぃ。

 

伝説の殺し屋が挑むミッション…あり得ない”定説の殺さない野”郎にされる、男の物語が恥まります。

 

恥じ〇…。

伝説の殺し屋…ファブル(岡田准一さん)は、ハイペースで仕事をこなす為にボス(佐藤浩市さん)から指令を受けてしまいます。

それが。

「一年間、誰も殺さない!?」

しかも。

万が一…指令を無視した場合には、ボスが直々に殺すと言う大胆なモノだったのです。

絶対服従の彼は逆らう事が出来ず、更には相棒のヨウコ(木村佳乃さん)を妹として偽装させ大阪で暮らす事になるのですが…。

こうして…始まる”恥〇”でもある生活を、つい満喫するファブルの前には思わぬ事件が舞い込んでしまいます。

しかし。

ボスとの指令が立ち塞がる時…新たな生き方”殺さないで救う”命に気付き戦いを挑むのでした。

 

アクション話題継続ですが…気を抜いた”頃される”とギャグは痛感なる、あっ苦笑の性能も観ようぞぃ。

 

「若干富み謳歌!?」

とギャグに”若干冨を持たせる”前振りはファンには夢の様でして、ジャッカル富岡のシーンも期待越えと評判だけどさぁ。

「若干じゃないと見よう可」

訂正が早いのは…各キャラには”ネタ仕込み”があると、笑いが取れる練った仕込みも評判でしてねぇ。

正に、油断大敵なのは全員となる”起承転結”らしき「チッキショー天罰」の結末も笑いへとニッチ微枯れる涙としますと~。

「ジャンボ冨謳歌」

公式ホームページ…岡田准一さんの変顔だけじゃないフリで”笑いの刺客”が潜んでいる事実を、話題の死角と捉えて逃げれない個性と戦おうぞぃ。

 

絶対にファールとさせない…原作忠実ルールで作り上げた”ザ・ファブル”の制作者達です。

 

原作:南勝久さん「ザ・ファブル」

監督:江口カンさん CM・ドラマ…そして”映画にピリリ”と刺激を加えた作風で、多くのファンを引き寄せる監督さんです。

脚本:渡辺雄介さん

主題歌:レディー・ガガさん「ボーン・ディス・ウェイ」

製作:大角正さん・今村司さん・藤島ジュリーKさん・谷和男さん・有馬一昭さん・角田真敏さん・田中祐介さん・坪内弘樹さん

製作:和田俊哉さん・赤座弘一さん・大鹿紳さん・小櫻顕さん・毛利元夫さん

エグゼクティブプロデューサー:高橋敏弘さん・伊藤響さん

ラインプロデューサー:毛利達也さん

撮影:田中一成さん

美術:小泉博康さん

照明:三重野聖一郎さん

録音:反町憲人さん

編集:和田剛さん

装飾:高畠一郎さん

サウンドエフェクト:北田雅也さん

ガンエフェクト:納富貴久男さん

スタイリスト:伊賀大介さん

ヘアメイク:中山由紀さん

スクリプター:吉田純子さん

キャスティング:北田由利子さん

監督補:西山太郎さん

助監督:是安祐さん

制作担当:栗林直人さん

ファイトコレオグラファー:アラン・フィグラルツさん・岡田准一さん

スタントコーディネーター:富田稔さん

VFXスーパーバイザー:小坂一順さん

音楽プロデューサー:茂木英興さん

宣伝プロデューサー:清宮礼子さん

 

福士蒼汰さん…書こうとすると”過去スルー”しない男、廃線マニアで推したい「路線加工」しない話にしますぞぃ。

 

「六角精児さん路線で」

今回は…夢中キターと言いたい”福士蒼汰さん”の仮面ライダーネタは封印しましてねぇ。

「廃線ライターキター!?」

おじさん…興味深い”廃線マニア”とされる六角精児さんが語る姿に、見・聞き惚れる行動があるんだけどさぁ。

それがねぇ。

「目に焼き付ける景色」

この…深い意味には”撮影しない不意ルン夢”を大切にするとなるので。

記録よりも、記憶に映し出す光景を心に”刷る写真完”と呼べるからさぁ。

「敗戦ライター感!?」

書いてて負けた…我が心の写真館には”撮り貯めた現像前”の趣味写真が写し出せない、特撮貯めしたヒーローモノとなる反省で〆ますぞぃ。

 

凝ろう視野になら成る…殺し屋はダメなので”古老視野”でもイイ、物知りキャスト分析で名を馳せるかもっす。

 

最後に…キャラ分析してる”孤独な凝ろう視野”ではあるけどねぇ。

「顔と合わない経歴がHITマン!?」

と、濃くな顔立ちのキャラ俳優陣には”ファンの心凝ら視野”にさせる輝かしい実績が掲載中となるからさぁ。

「普通の凝る視野」

言わないで欲しいネタ…一応”古老視野”と〆るつもりの、甘い頃合い思案が待ち受けるのでねぇ。

おじさん…背後に気を付けて逃げますぞぃ。