パパがも一度恋をしたはFODで動画配信中

つい…他人からすれば”早とちりな期待”かも知れないドラマがあってねぇ。

「早トォ~散り!?」

具体的な情報が無いかもでして…期待&妄想だけで攻めるおじさんには”塵となる地理”らしき不安地図があるけどさぁ。

「漫画原作が塵にさせない知りになる」

嬉しい誤算…更には配役にも興味が湧いてしまう”嫁なのにヨメんおじさん”を演じる、塚地武雅さんとなってるんでねぇ。

「乙女なおじさんなら分かルン♪」

…。

あの疑惑あるおじさん…書きたい熱意には”あっちこっち”と変化する、男女の心が読めるらしい「あっしはコッチ」の怪しい方で行くとさぁ。

「パパがも一度恋をした」

純粋なる乙女ココ論な視聴者になれるとして…紹介してみるわよ~♪。

 

この記事では番組の放送日時やあらすじ、見どころ、キャストやおすすめの動画配信サービスの情報などをご紹介しています

 

『パパがも一度恋をした』はFODで動画配信されています

 

 

フジテレビのtv番組は、フジテレビオンデマンド(FOD)で見れます

インターネットには、無数の個人が動画配信サービスでアップしては削除されていますが

探すよりフジテレビオンデマンド(FOD)登録した方が早いですよ

 

フジテレビ系列のドラマを中心に映画などの見逃し配信をお探しの方は

特に月額888円見放題(無料お試しキャンペーン)は、
相当お得です

雑誌も100冊以上読み放題です

月に雑誌を二冊以上購入する人は十分にもとを取れますね

 

手早く公式サイトで確認したい方は

 

FODプレミアム公式サイトは、下記です【AD】

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

↓ ↓

 

まずは無料でお試し!【FODプレミアム】

 

FODプレミアム

 

放映中最新ドラマ・映画・雑誌などが見れるVOD

 

FODプレミアムの魅力

 

フジテレビオンデマンド(FOD)では、放映中最新ドラマやアニメ、バラエティ、ライブ、最新映画などを見ることができます。

特にフジテレビオンデマンド(FOD)の月額定額のFODプレミアムコースでは、入会だけで8のつく8日、18日、28日に400ポイントゲット出来ます

その後も毎月同様のポイントがもらえます(月額費用は定額888円です)

そのFODプレミアムですが、

「Amazon Pay」アカウント入会で、無料お試しキャンペーンがあり、お勧めいたします。

雑誌を月に2冊以上購入する方やdvdなど2枚以上レンタルする方は、元が取れると思います。

 

(1)フジテレビの動画が豊富

 

しかも独占タイトルが5,000本以上! フジテレビの現在放送中のタイトルだけでなく、 『リッチマン、プアウーマン』『昼顔』などの 過去の名作ドラマを中心に5,000本以上の独占タイトルを配信しています!

 

それ以外にもバラエティ、アニメ、 映画など様々なジャンルから、 選りすぐりのラインアップde

あの大人気タイトルがいつでもどこでも楽しめます。

 

(2)FODプレミアムのその他の魅力(雑誌やコミックも楽しめます)

 

FRIDAYやFLASHなど100誌以上の人気雑誌が読み放題で15万冊以上のコミックも楽しむ事が出来ます。

 

FODプレミアム公式サイトは、下記です【AD】

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

↓ ↓

 

まずは無料でお試し!【FODプレミアム】

 

FODプレミアム

 

(3)FODお勧め作品

お勧め最新ドラマ

 

 

お勧め最新バラエティ

 

 

お勧め最新映画

 

 

お勧め最新アニメ

 

 

原作通りに進むと…破壊力ある演技は”今嫁おじさん”だけじゃない、小澤征悦さんがパパになる「今嫁応じないさん」が恥〇かも。

 

「始まるので、恥〇の姿を!?」

と言うのもさぁ。

「破壊力父親THE~!?」

説明すると…物語が始まるとさぁ。

見た目は破壊力”父親だから”と馴染ませる心よりもねぇ。

劇的、ちゅう実にも含め…忠実に再現して欲しいエンターテイメントなる「父親THEカラー」の色濃さを表現してるんですねぇ

「断らない男技」

ストーリーが進む事に…おじさんとドラマ内おじさんは”妄想が激化”するシーンも、原作だとあるんで「もう添う彼が激愛」になってしまうとさぁ。

「男女ファンが劇愛で溺愛!?」

ほぼ…決定な人気は”ドラマの新展開”に、新たなる思惑「通りのシーン展開」になるとねぇ。

来年…もしかしたら”おっさんずラブ”のライバルとなる、流行GO大将な小澤征悦さんを「推す賛成図ラブ」にしたい〆とするのよ~。

 

放送地域、放送時間

 

フジテレビ系
2020年2月1日(土曜日)午後23:40~

 

吾郎の父…これまた”破壊力②”の原作なので、麿赤仁兒さんが演じると「博愛力ツウ」にさせる笑神なりそうっすよ。

 

基本…家族愛なる”博愛”と知れば、時として真剣に語りたいハズの「把握愛」を痛感させるシーンもあると思うけれども。

吾郎の父…タロスケの存在って家族の”愛を育む”行動ですら、破天荒とも例えるべき「愛を阻む」行動にも感じる逆・ギャグ魅力が満載ですからねぇ。

しかも。

「漫画では、小さいおっさんマンガーン!?」

正直…キャスティング”100%”で似せるには、演技も重要な役どころ難で「ギャグパッと鮮度」が落ちてしまうけれどさぁ。

「麿赤兒さん、正に圧巻路!?」

もう大丈夫…確信してるセンス&全部となりそうなんでねぇ。

遂に…逆にで”スケールアップした姿が”愛おしく”なるドラマの後押しする「スゲードアップ」した表情に癒されそうなおじさんでしたっと。

 

油断してはダメと…嫁が”おじさん”だけに集中させない、個性爆弾なるキャスト達の「おいし賛」成にさせる役者陣っす。

 

山下吾郎(小澤征悦さん)

おっさん多恵子(塚地武雅さん)

山下多恵子(本上まなみさん)

山下トモ(福本莉子さん)

山下タロスケ(麿赤兒さん)

加藤英太(塚本高史さん)

 

来年がマジで待ち遠しいと思わせる…今”待ちで推し通し”にさせたドラマを完成させる製作者達です。

 

原作:阿部潤さん「パパはも一度恋をした」

脚本:田中眞一さん・福島三郎さん・山下すばるさん

企画:市野直親さん

演出:後藤庸介さん・六車俊治さん

 

結婚できない男から…役どころは違う”塚本高史さん”が超戦すると言いたい、役者路線が「通過もっと高し」の期待好きよ~。

 

「メインに気を取られルン名!?」

と、言いたい。

ドラマ家族の関係性…興味津々で眺めてるとさぁ。

「愛称・トカレフ!?」

愛称・鵜呑みにすると…危険な香りがする”ハードボイルド”な男を想像するけど、実際には吾郎達”ハート参る度”なる性格みたいだし~。

「師も好き下ネタ!?」

おじさん…心の師匠になりそうな”下ネタ全開”らいいキャラを、塚本高史さんが「強いも練った全壊」演技になる気配があるんでね。

「結論で喜内男!?」

これまた…笑神が舞い降りる”役者道”が大きく切り開ける、来年の姿を予知して彼の人気に「妬く者道」になるウラヤマ話でしたっと。

…裏山じゃない”ウレヤマ”でもある、当たる役かもっす。

 

最後に想像してみる…生まれ変わる姿を自分とする”美人女優”家族に舞い降りた、天使みたいな「ビビり常YOU」な風景デス。

 

「私は女優よ~!?」

そんな…始まりから”おじさん女優”宣言を、家族に示す画を妄想するけどねぇ。

「応じない常YOU」

いつまでも…家族に絆が生まれない”ニセ女優”でして、ドラマはスタートさせて貰えない「ニセ常用」扱いされそうだからさぁ。

「病める妄想が止める!?」

ドラマチックにはならない…マジ俳優さんにドラマ愛を託すとする、妄想”ドラマシクシク”してるおじさんは泣くのよ~でしたっと。