天使にリクエストを~人生最後の願い~はU-NEXTで動画配信

人生100年時代。

平均寿命はのびて、便利な物に溢れて暮らし事態は楽に豊かになっているはず。

だからといって心残りなく人生を終えられるかというのは別の話ですよね。

死を意識したとき、自分にとっての1番の心残りとはどんなことでしょう。

人それぞれ人生においてやり残した事や後悔はあるものだと思います。

そういった望みをかなえようとする人達との奮闘や交流を描くドラマなんですね。

人生最後の願いを通して、そこに向き合った人々は何をみてどんなことを感じるのでしょう。

 

『天使にリクエストを』はU-NEXTで動画配信されています

 

 

 

天使にリクエストをなどのNHKの番組が好きな方はドラマなども含む(大河、朝ドラその他沢山)見放題低額(U-NEXTのNHKオンデマンド)コースも毎月のポイント還元で見ることもできます

他局の番組や映画、雑誌コミックなど多彩にあるため、お得感がります(雑誌は70冊以上読み放題です)NHK作品はU-NEXT(ユーネクスト)という動画配信サービスで再放送されます

U-NEXTのNHKパックに入ると,毎月1200ポイントが付与され、実質毎月NHKオンデマンド作品が見放題無料になります。

他局も網羅しておりますので、私もも使っていて、おススメです。
U-NEXTの特徴は下記です

①放送後のドラマ作品が、テレビ放送後にすぐに見れる(レンタルショップでdvdレンタルが始まる前に見ることができます)

 

②入会するだけで、31日間の無料お試しキャンペーンしている(入会日から31日間です)月をまたいでもOKです

 

③入会するだけで600イントもらえます(コミック原作や最新映画、映画館割り引きなどに使えます)

 

*31日後も毎月1200ポイントがもらえます

 

U-NEXTは31日間無料お試しキャンペーンをしています

 

U-NEXTの公式サイトは下記です

↓ ↓

 

31日間無料トライアル実施中!<U-NEXT>

 

U-NEXT

 

最新ドラマ・アニメ・映画・雑誌などが見れるVOD

U-NEXT(ユーネクスト)

 

U-NEXTは高画質が売りで国内でも最大手のサービスです

31日間の無料お試しキャンペーンしているため、最新話も無料で見れます

入会ポイントも600ポイント無条件で付与されます

 

スマホ(スマートフォン)、タブレットやtvなどでダウンロード(dl)再生も可能なため、パケット通信費用が抑えられます。

高画質のストリーミング再生が屋外でも可能な点は魅力な点でお勧めできます。

映画、ドラマ、アニメなど最新作から名作まで、140,000本以上以上配信しています!
※見放題作品90,000本、レンタル作50,000本(2019年1月末時点)

スマホ・パソコン・タブレット・テレビ、あらゆるデバイスで楽しめる動画サービスです。

成人向け作品も31日間無料トライアルで視聴可能ですが、
ペアレンタルロック機能を使用して、非表示にすることも可能です。

電子書籍も無料で読めてお得です

U-NEXTの公式サイトは下記です

↓ ↓

 

31日間無料トライアル実施中!<U-NEXT>

 

U-NEXT

 

U-NEXTおススメ作品

ドラマ

 

邦画

洋画

 

韓流・アジアン

 

アニメ

 

 

人生の後悔

 

主人公の島田修悟(江口洋介)は探偵で、元警察官。

島田の探偵社を訪れた女性から、余命宣告されてしまった知人の願いを叶えたいという依頼をうけることに。

あとどれくらい生きられるのか分からないその人物の願いは、我が子に会いたいということ。子供のことは実は60年前に捨てたというから、なにやら深い事情がありそうですね。

子供が自分を捨てた親に会ってくれるのか、見つけ出すこともですが会うように説得することに苦戦するかもしれませんね。

会いたいと思ってくれるかは分かりませんし、許せないでいる可能性も高いですよね。

60年もの距離や想いはどうなるのか気になります。

果たして修悟達は無事に願いをかなえることはできるのか。

 

主人公の変化

 

仕事にたいして情熱や前向きな気持ちを持てなかった主人公が、人生最後の願いを叶えるという依頼を通してどう変わっていけるかというのも見どころになりそうですよね。

島田にはかつて息子がいたそうですが、自身の仕事にまきこまれて他界させてしまった悲しい過去が。

そして離婚して、警察も退職。

一体親子に何があったのでしょう。

父親にしたら一生忘れることのできない後悔ですよね。

人の人生最後の願いを叶えようとしていくことが、自分の人生を見つめ直すきっかけにもなるようですね。

距離ができてしまったであろう別れた妻との関係などにも向き合おうとするのでしょうか。

 

終末医療での活動

 

人生最後の願いをかなえる活動は実際に世界中でひそかに広がっていることなのだそうです。

このドラマでもひとつのチームとなって、その活動をしていくことになってくわけですね。

お金を出してくれるのが佐藤和子(倍賞美津子)。スポンサー的役割をしてくれる老女。

彼女がどうしてこの活動を始めた理由も何かがあるのでしょうね。

彼女自身の生涯の心残りは一体何でしょう。

人の願いをかなえるためのお金に糸目を付けないところもすごいですよね。

どうしてそんなにお金があるのか、何者なのかが気になります。

しかしたんに、お金持ちが気が向いて始めた道楽というわけではないような気がします。

そもそもどうして島田のところに来たのでしょう。

彼の後悔なども知っていたりするのでしょうか。

 

チームで力を合わせて

 

最後の願いをかなえる主人公のチームにはスポンサーの老女がいて、苦い過去を抱える主人公の他は、若い2人。

1人は島田の探偵社の部下の亜花里(上白石萌歌)。口は悪いけどしっかり者というキャラクター。

普段、やる気のない探偵をサポートしているのかもしれませんね。

そして佐藤から派遣されるのが春紀(志尊淳)。

この活動を続けていきたいと考えている、スゴ腕の熱血タイプの訪問看護師。

緩和ケアに精通しているということで、願いをかなえる対象者のこともサポートしていく役割を果たすのでしょう。

熱血とはいってもこのキャラクターに癒される予感がします。