悪魔の弁護人 御子柴礼司はFODで動画配信中

すごいタイトルですよね。

悪魔の弁護人だなんて。

原作は中山七里さんの人気作品、御子柴礼司シリーズ。

ミステリーの法廷モノ、強烈なキャラクター。

面白いドラマになりそうですね。

彼は果たして本当に悪魔のような人間なのかというところもこの作品のポイントとなってきますね。

要潤さんが悪魔の弁護士に挑戦。

それを聞いて、似合いそうだなと思いました。

誠実な役もピッタリだけど、コメディーでも光る要さん。

良い胡散臭さもだせる俳優さんですよね。

今回はクールでカッコいい要潤さんを堪能できそうです。

 

この記事では番組の放送日時やあらすじ、見どころ、キャストやおすすめの動画配信サービスの情報などをご紹介しています

 

『悪魔の弁護人 御子柴礼司 』はFODで見れます

 

 

フジテレビのtv番組は、フジテレビオンデマンド(FOD)で見れます

インターネットには、無数の個人が動画配信サービスでアップしては削除されていますが

探すよりフジテレビオンデマンド(FOD)登録した方が早いですよ

 

フジテレビ系列のドラマを中心に映画などの見逃し配信をお探しの方は

特に月額888円見放題(無料お試しキャンペーン)は、
相当お得です

雑誌も100冊以上読み放題です

月に雑誌を二冊以上購入する人は十分にもとを取れますね

 

手早く公式サイトで確認したい方は

 

FODプレミアム公式サイトは、下記です【AD】

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

↓ ↓

 

まずは無料でお試し!【FODプレミアム】

 

FODプレミアム

 

放映中最新ドラマ・映画・雑誌などが見れるVOD

 

FODプレミアムの魅力

 

フジテレビオンデマンド(FOD)では、放映中最新ドラマやアニメ、バラエティ、ライブ、最新映画などを見ることができます。

特にフジテレビオンデマンド(FOD)の月額定額のFODプレミアムコースでは、入会だけで8のつく8日、18日、28日に400ポイントゲット出来ます

その後も毎月同様のポイントがもらえます(月額費用は定額888円です)

そのFODプレミアムですが、

「Amazon Pay」アカウント入会で、無料お試しキャンペーンがあり、お勧めいたします。

雑誌を月に2冊以上購入する方やdvdなど2枚以上レンタルする方は、元が取れると思います。

 

(1)フジテレビの動画が豊富

 

しかも独占タイトルが5,000本以上! フジテレビの現在放送中のタイトルだけでなく、 『リッチマン、プアウーマン』『昼顔』などの 過去の名作ドラマを中心に5,000本以上の独占タイトルを配信しています!

 

それ以外にもバラエティ、アニメ、 映画など様々なジャンルから、 選りすぐりのラインアップde

あの大人気タイトルがいつでもどこでも楽しめます。

 

(2)FODプレミアムのその他の魅力(雑誌やコミックも楽しめます)

 

FRIDAYやFLASHなど100誌以上の人気雑誌が読み放題で15万冊以上のコミックも楽しむ事が出来ます。

 

FODプレミアム公式サイトは、下記です【AD】

(アンカー文字、画像をクリックすると公式リンクに飛びます)

↓ ↓

 

まずは無料でお試し!【FODプレミアム】

 

FODプレミアム

 

(3)FODお勧め作品

お勧め最新ドラマ

 

 

お勧め最新バラエティ

 

 

お勧め最新映画

 

 

お勧め最新アニメ

 

 

御子柴という弁護士</h2

御子柴はまわりの人からは、人の心を持たない冷徹な人間にうつるような人物なんですね。

お金さえ払えばどんな弁護も引き受けるというような。

そしてどんな手段を使ってでも勝つ。

これは頼む方は頼もしいけれど、戦うことになると恐ろしいですね。

御子柴がそんな人だとは知らずに彼のもとで働くことになるのが日下部洋子(ベッキー)。

着任早々、悪魔と言われ恨みをかっている姿を目の当たりにするというのも強烈な仕事始めですね。

だけど彼女は御子柴と関わっていくうちに彼が本当はどんな人なのかを知っていくわけですね。

ドラマ界に新しいダークヒーローが誕生する予感。

 

放送地域、放送時間

 

フジテレビ
2019年12月7日(土曜日)23:40~

 

夫殺しの弁護

 

1話で御子柴が弁護するのは、夫殺しの裁判で、世間的な注目もある事件。

不倫相手と一緒になるために夫を殺害となると、望んで弁護したがる弁護士はあまりいなそうな大変そうな事件ですね。

しかしわざわざ圧力をかけてまでその弁護を担当する御子柴。

御子柴が弁護するあきこを演じるのは奥菜恵さん。

お金持ちでもない普通の主婦。

報酬は期待できなそうなものですが?

しかも一審では懲役16年という実刑判決が下されたという…。

御子柴の手にかかり、この裁判がどうなっていくのか。

 

キャスト

御子柴礼司(要潤)

日下部洋子(ベッキー)

桜葉あすみ(玄理)

宝来兼人(本村健太郎)

横山紗矢(田中こなつ)

津田亜季子(奥菜恵)

稲見武雄(勝野洋)

岬恭平(津田寛治)

 

敵対する検事も

 

強すぎる弁護士の御子柴、そんな人と法廷で戦いたいという人もなかなかいなそうですよね。

しかし御子柴を一方的にライバル視して、何かとつっかかってくる男が。

津田寛治さん演じる岬恭平。

これが正義だという自分なりの信念を持った人物のよう。

一見悪人の御子柴と正義の岬検事というようにみえるかもしれません。

津田寛治さんも好きなので、要潤さんとの対決が楽しみです。

法廷でのやりとり、やはりセリフの多さが演者泣かせかもしれませんね。

見ごたえのある白熱した法廷のシーンが観られるはず。

何が正義とみるのか、真実は案外意外なところにあったりするのかもしれませんね。

 

御子柴の過去とは?

 

世間を騒がせた卑劣な事件の犯人、そんな人物につく弁護士に対して世間が冷たい目を向けることもありますね。

仕事柄恨みを買うことは実際にも多そうなイメージがあります。

だけどこの御子柴は特別に恨みをかっている弁護士なのでしょう。

要潤さんは弁護士役は初めてのようで、それが意外に思えました。

さまざまな役をこなしてきているので、弁護士も経験されていそうだと思ったので。

そしてこのキャラクターの大きな特徴、それは「元少年A」という点ですね。

御子柴の過去や抱えるものも注目していきたいです。

こんな弁護士みたことなかった、というような気分で驚きを味わえるドラマになっていそうですね。