明子のピアノ 被爆したピアノが奏でる和音はU-NEXTで動画配信

終戦から75年を迎えた今年2020年。

今年、1台のピアノを使ってコンサートが開催されることになります。

そのピアノというのが、広島で原爆の爆風を浴びながらも奇跡的な復活を遂げた物だというから驚きです。

傷ついたピアノが修復され、終戦から75年たった今、多くの人々にその演奏が届けられることに。

ピアノの持ち主だったのは河本明子さんという方で、原爆によって命を落とした19歳の女の子だったそう。

彼女と戦争、そしてピアノ。そこにどんな物語があったのでしょうか。

 

『明子のピアノ 被爆したピアノが奏でる和音』はU-NEXTで動画配信されています

 

 

 

明子のピアノ 被爆したピアノが奏でる和音などのNHKの番組が好きな方はドラマなども含む(大河、朝ドラその他沢山)見放題低額(U-NEXTのNHKオンデマンド)コースも毎月のポイント還元で見ることもできます

他局の番組や映画、雑誌コミックなど多彩にあるため、お得感がります(雑誌は70冊以上読み放題です)NHK作品はU-NEXT(ユーネクスト)という動画配信サービスで再放送されます

U-NEXTのNHKパックに入ると,毎月1200ポイントが付与され、実質毎月NHKオンデマンド作品が見放題無料になります。

他局も網羅しておりますので、私もも使っていて、おススメです。
U-NEXTの特徴は下記です

①放送後のドラマ作品が、テレビ放送後にすぐに見れる(レンタルショップでdvdレンタルが始まる前に見ることができます)

 

②入会するだけで、31日間の無料お試しキャンペーンしている(入会日から31日間です)月をまたいでもOKです

 

③入会するだけで600ポイントもらえます(コミック原作や最新映画、映画館割り引きなどに使えます)

 

*31日後も毎月1200ポイントがもらえます

 

U-NEXTは31日間無料お試しキャンペーンをしています

 

U-NEXTの公式サイトは下記です

↓ ↓

 

31日間無料トライアル実施中!<U-NEXT>

 

U-NEXT

 

最新ドラマ・アニメ・映画・雑誌などが見れるVOD

U-NEXT(ユーネクスト)

 

U-NEXTは高画質が売りで国内でも最大手のサービスです

31日間の無料お試しキャンペーンしているため、最新話も無料で見れます

入会ポイントも600ポイント無条件で付与されます

 

スマホ(スマートフォン)、タブレットやtvなどでダウンロード(dl)再生も可能なため、パケット通信費用が抑えられます。

高画質のストリーミング再生が屋外でも可能な点は魅力な点でお勧めできます。

映画、ドラマ、アニメなど最新作から名作まで、140,000本以上以上配信しています!
※見放題作品90,000本、レンタル作50,000本(2019年1月末時点)

スマホ・パソコン・タブレット・テレビ、あらゆるデバイスで楽しめる動画サービスです。

成人向け作品も31日間無料トライアルで視聴可能ですが、
ペアレンタルロック機能を使用して、非表示にすることも可能です。

電子書籍も無料で読めてお得です

U-NEXTの公式サイトは下記です

↓ ↓

 

31日間無料トライアル実施中!<U-NEXT>

 

U-NEXT

 

U-NEXTおススメ作品

ドラマ

 

邦画

洋画

 

韓流・アジアン

 

アニメ

 

 

明子さんの物語

 

残された日記だったり、関係者の証言をもとに、創作を加え足したりして明子さんのことを描いたのはどんなドラマになっているのか。

家族がいて、ピアノをひくことが好きで、普通の女性だった明子さんがみた戦争とは?

その当時の普通の人生、それこそどこにでもいるような明子さん。

彼女を通して観ることで、より戦争が身近な物としてみえそうな気もします。

どんなことを経験して、どんな想いを抱えていったのか。

こういう等身大の人の当時の生活や感じたことを知ることで自分にも照らし合わせやすくなるかもしれませんね。

共感しやすくなることで、だから戦争なんてしてはいけないんだという気持ちも強く気がつかされそうですね。

 

芳根京子さん主演

 

主演は芳根京子さん。

戦時中の等身大の女の子を演じるわけですが、実在したモデルのいる役。

原爆についても実際に被害にあった人達がいることで、自分がそこを演じる怖さもやはりあったそうで。

昭和15年から20年ということは、14歳から19歳の明子さんを描いているはずですよね。

芳根さんは23歳ですが、きっと明子さんを可愛く、親しみやすさを感じられるキャラクターに仕上げていそうな気がします。

明子さんの夢を応援してくれる教師で、町田啓太さんの出演も。

召集令状が来るということで、明子さんにとっての大切な一人が戦争に行く経験に。

戦時中は教師も国のためにという教育をしなくてはならなかったりもして、複雑な想いも抱えている役になっているかもしれませんよね。

 

明子さんのピアノ

 

8月に広島でのピアノのコンサートで演奏される曲、Akiko’s Piano。

明子さんをイメージして、藤倉大さんが作曲した曲。

世界的作曲家の手によって、明子さんがどのような曲となって奏でられるのでしょうか。

明子さんが使っていた、被爆したピアノで、明子さんをイメージした曲が。

明子さんは特別な人ではなかった、戦争中には明子さんと同じような思いを抱えていたり、同じように犠牲になった人が沢山いたんですよね。

そういう人にスポットを当てたストーリー、だからこそしっかり観ておきたい気持ちがあります。

 

日本の戦争

 

ささやかで、かけがえのない明子さんの人生。

19歳という若さで原爆のせいでこの世を去ることになってしまった儚い命の物語。

節目の年となる今年2020年。

戦争の悲劇を繰り返さないためにも、忘れたり他人事だとか昔のことだと思わないようにしなくてはならないことだと思います。

原爆で亡くなった人の名前がズラリと並んでいるのを見た時は震えました。

その一人一人に人生があったわけで、こんなに沢山の人がと字でみることで改めてその脅威を感じた気がします。

明子さんもその一人であり、生き残った人ももしかしたら自分だったかもしれないという気持ちもあったかもしれませんよね。

現代ではピアノを弾こうと思えば、すぐ弾けてしまう。

そのことがいかに幸せであるのかも痛感させられる気がします。