スター・ウォーズ/最後のジェダイはU-NEXTで動画配信中

スターウォーズと言えば、映画が公開されると世界的に大きな話題になりますよね。

観る人が多い分意見も様々。

そして公開されるや賛否両論あるのもスターウォーズのこれまでの特徴のひとつのように感じていました。

公開当時の評価でいうとファンの間でそこまででもなかった作品が、後々には名作と言われていたりも。

そしてこの最後のジェダイも大きく評価が別れた作品のように感じています。

スターウォーズはこういうものだ、と自分の中にしっかりイメージを持っている人が多いでしょうから、どんな物を作っても何かしらは思うところが出てきそうですね。

 

この記事では映画のあらすじ、見どころ、キャストやおすすめの動画配信サービスの情報などをご紹介しています

 

『スター・ウォーズ/最後のジェダイ』はU-NEXTで見れます

 

 

U-NEXTの特徴

 

①放送後のドラマ作品が、テレビ放送後にすぐに見れる(レンタルショップでdvdレンタルが始まる前に見ることができます)

 

②入会するだけで、31日間の無料お試しキャンペーンしている(入会日から31日間です)月をまたいでもOKです

 

③入会するだけで600ポイントもらえます(コミック原作や最新映画、映画館割り引きなどに使えます)

 

*31日後も毎月1200ポイントがもらえます

他局や映画、雑誌コミックなど多彩にあるため、お得感がります(雑誌は70冊以上読み放題です)

 

U-NEXTの公式サイトは下記です

↓ ↓

U-NEXTの1ヶ月間の無料お試しキャンペーンはこちら!

 

U-NEXT

 

放映中最新ドラマ・映画・雑誌などが見れるVOD

U-NEXT(ユーネクスト)

 

U-NEXTは高画質が売りで国内でも最大手のサービスです

31日間の無料お試しキャンペーンしているため、最新話も無料で見れます

入会ポイントも600ポイント無条件で付与されます

 

スマホ(スマートフォン)、タブレットやtvなどでダウンロード(dl)再生も可能なため、パケット通信費用が抑えられます。

高画質のストリーミング再生が屋外でも可能な点は魅力な点でお勧めできます。

映画、ドラマ、アニメなど最新作から名作まで、140,000本以上以上配信しています!
※見放題作品90,000本、レンタル作50,000本(2019年1月末時点)

スマホ・パソコン・タブレット・テレビ、あらゆるデバイスで楽しめる動画サービスです。

成人向け作品も31日間無料トライアルで視聴可能ですが、
ペアレンタルロック機能を使用して、非表示にすることも可能です。

雑誌も70冊以上読み放題で、電子書籍も充実しております

映画やドラマ、アニメの原作なども合わせて楽しめます。

 

電子書籍も無料で読めてお得です

U-NEXTの公式サイトは下記です

↓ ↓

U-NEXTの1ヶ月間の無料お試しキャンペーンはこちら!

 

U-NEXT

 

U-NEXTおススメ作品

ドラマ

 

邦画

 

洋画

 

韓流・アジアン

 

アニメ

 

 

新しさへ

 

この映画をみて全体的に自分が感じたのは、前作のフォースの覚醒とは真逆を行く製作であること。

フォースの覚醒はスターウォーズに忠実というか、既視感というか、そこも良さであるけれどだからこそ人によっては新鮮さでいうと物足りないと思う人もいるかもしれません。

最後のジェダイは、スターウォーズファンは驚く展開や予想しないことを起こした作品ではないかと思うのです。

そこをそうするとは思わなかった、まさかそれをやるのか、というような。

そういうところに製作側の挑戦をみた気がしました。

世界中にファンがいるスターウォーズシリーズで注目度が高く、プレッシャーもあるのは間違いなく、でも新しいものを作ろうとする。

高いハードルにチャレンジしていますよね。

あたりさわりなくしようなんて思ってないですよね。

そもそもスターウォーズであたりさわりなくなんて事自体が難しいと思いますが。

なので次にどう繋がって盛り上げていくのか、次回作が色んな意味でも気になっています。

 

映画内容内容

 
 

宇宙征服を企む悪の組織とそれに対抗するレイ達の戦いが激化する中、レイは遂にルーク・スカイウォーカーを見つけ出し、彼のもとで修業を開始する。一方、父親のハン・ソロを殺したカイロ・レンは心の弱さを克服するべく母親のレイアをも殺害しようと暗躍する。彼の心にまだ光が残っていると信じるレイは彼を救おうとするが…。ルークの想いを継ぐレイと銀河の支配者を目指すカイロ・レン。希望の光は闇を打ち消すことが出来るのか

 

キャスト

 

<ルーク・スカイウォーカー>マーク・ハミル(島田敏)、<レイア・オーガナ>キャリー・フィッシャー(高島雅羅)、<カイロ・レン>アダム・ドライバー(津田健次郎)、<レイ>デイジー・リドリー(永宝千晶)、<フィン>ジョン・ボイエガ(杉村憲司)、<ポー・ダメロン>オスカー・アイザック(小松史法)

 

映像にドキドキ

 

やはりスケールも大きいですし、映像がとにかくきれいです、先頭シーンも迫力がありますよね。映像の美しさは期待した通り。

撮影などもとてつもなく大変だったのでしょうね。

細い場所に入って行く所、爆発、逃げ切れるのかというハラハラ感など手に汗を握りますよね。

カッコイイ映像がたくさんありました。

そして過去のスターウォーズを観てきた人なら、これはあのシーンの!と思って楽しめる部分もいくつかちりばめられていましたよね。

圧倒的過ぎない者の戦い、という印象を受ける部分もありました。

悩んだり迷ったり、心のある人間らしいのではないでしょうか。

そこも含めて、これはこういうスターウォーズなのかなとも思ったり。

 

ここから次にどうつながるのか

 

75億を上回る興業収入。前作があっての続きでこの数字。

さすがスターウォーズシリーズですよね。

批評家から高い評価を得た映画でもありますね。

この映画で、ここはなぜこうしたのかと思った所もありますが、その中にもしかしたらこれは後の続編で明かされるのかもとか、これがふせんになってくるかもとも思う所もありました。

次回作はいよいよエピソード9ですもんね。

この3部作の終わりはどんなものになるのでしょうか。

その「スカイウォーカーの夜明け」にむけて、このエピソード8である最後のジェダイをしっかり観ておきたいところですよね。