疾風ロンドはU-NEXTで動画配信中

原作が東野圭吾と聞いたら、どんなミステリーなのだろうとかサスペンスのシリアスな雰囲気が楽しめると思う方が多いかもしれませんね。

この疾風ロンドは笑えるエンターテイメントでもあります。

恐ろしい陰謀があるけれど、それをめぐってのドタバタ劇のコメディーの部分が面白かったです。

そこに地元のスキー場で苦悩する子供達や家族の思いなども加わってきたりしてジーンとする部分もありました。

ちょっとした所で出てくるキャストなども豪華でしたね!

 

この記事では映画のあらすじ、見どころ、キャストやおすすめの動画配信サービスの情報などをご紹介しています

 

『疾風ロンド』はU-NEXTで動画配信されています

 

 

U-NEXTの特徴

 

①放送後のドラマ作品が、テレビ放送後にすぐに見れる(レンタルショップでdvdレンタルが始まる前に見ることができます)

 

②入会するだけで、31日間の無料お試しキャンペーンしている(入会日から31日間です)月をまたいでもOKです

 

③入会するだけで600ポイントもらえます(コミック原作や最新映画、映画館割り引きなどに使えます)

 

*31日後も毎月1200ポイントがもらえます

他局や映画、雑誌コミックなど多彩にあるため、お得感がります(雑誌は70冊以上読み放題です)

 

U-NEXTの公式サイトは下記です

↓ ↓

U-NEXTの1ヶ月間の無料お試しキャンペーンはこちら!

 

U-NEXT

 

放映中最新ドラマ・映画・雑誌などが見れるVOD

U-NEXT(ユーネクスト)

 

『疾風ロンド』のコミックはU-NEXTで読めます

 

 

U-NEXTは高画質が売りで国内でも最大手のサービスです

31日間の無料お試しキャンペーンしているため、最新話も無料で見れます

入会ポイントも600ポイント無条件で付与されます

 

スマホ(スマートフォン)、タブレットやtvなどでダウンロード(dl)再生も可能なため、パケット通信費用が抑えられます。

高画質のストリーミング再生が屋外でも可能な点は魅力な点でお勧めできます。

映画、ドラマ、アニメなど最新作から名作まで、140,000本以上以上配信しています!
※見放題作品90,000本、レンタル作50,000本(2019年1月末時点)

スマホ・パソコン・タブレット・テレビ、あらゆるデバイスで楽しめる動画サービスです。

成人向け作品も31日間無料トライアルで視聴可能ですが、
ペアレンタルロック機能を使用して、非表示にすることも可能です。

雑誌も70冊以上読み放題で、電子書籍も充実しております

映画やドラマ、アニメの原作なども合わせて楽しめます。

 

電子書籍も無料で読めてお得です

U-NEXTの公式サイトは下記です

↓ ↓

U-NEXTの1ヶ月間の無料お試しキャンペーンはこちら!

 

U-NEXT

 

U-NEXTおススメ作品

ドラマ

 

邦画

 

洋画

 

韓流・アジアン

 

アニメ

 

 

世界が危険に晒される

 

生物兵器というのが恐ろしいですね。

作り出されてしまったKー55は、どんなワクチンなども効かないということで世界の危機的状況。放たれてしまったらもう最後、もうどうすることも出来ないわけですもんね。

そんなKー55が盗まれてしまったという大ピンチ。

Kー55という兵器で、3億円の身代金の人質事件に。

研究員の栗林(阿部寛)は指定された残り少ない日数で無事にKー55を回収できるのか、という本来相当緊迫した状況だけどコメディーが冴え渡ってましたよね。

緊迫してるのにこんな感じ、というのも面白い。

 

生物兵器の行方

 
 

なんとKー55を盗み3億円を要求した葛西(戸次重幸)は早々に死んでいたんですよね。

この生物兵器にかける身代金なら確かにもっと高くできますもんね。

このKー55は奪い合って血が流れても不思議はない程の脅威の武器。

栗林は少ない手がかりをもとにKー55の場所を突き止めなくてはならないことに。

そんな栗林に近づく怪しい者の出現も。さらには手がかりも…。

東野圭吾さんの作品、どこがふせんになるかどんなところにヒントが隠れているかなどもあるのでそこも楽しめますよね。

 

キャスト

   
 

阿部寛  大倉忠義  大島優子  ムロツヨシ  堀内敬子  戸次重幸  濱田龍臣  志尊淳  野間口徹  麻生祐未  生瀬勝久  望月歩  前田旺志郎  久保田紗友  鼓太郎  堀部圭亮  中村靖日  田中要次  菅原大吉  でんでん  柄本明

 

親子の関係

 

Kー55が隠されているのは雪山。

ということで何も知らない息子も連れてスキー場を訪れた栗林親子。

父は20年ぶりのスキーに大苦戦。息子にカッコイイところをみせるのは難しいですよね。

父はコソコソ生物兵器の捜索、息子は出会った地元の女の子と楽しく別行動。

母親が他界していて父と子2人の家族。

中学生男子、思春期の息子と父親という微妙な空気。

そこらへんも変化を楽しめますよね。

2000年生まれの濱田龍臣くんはこの映画公開時には16歳。

この映画を観たとき、もう濱田龍臣くんが中学生役かとなんだか感慨深く思ってしまいました。

一緒に観た夫は龍臣くんカワイイと何度も言ってましたが。

 

子供も楽しめる!

 

この映画を子供が楽しんで観ていたのが印象的でした。

小学生になった我が子がこの映画をみて喜んでたいました。

観終えてもう一回観たいと言ってました。

コミカルな動きに笑って、スキー場でのおいかける映像などに興奮して喜んでいました。

Kー55がどこにいるか、無事に奪われずに取り返す事ができるのか。

そこに淡くちょっぴり切ない恋があったり、親子愛もあって、サスペンス要素のエンターテイメントという感じでしょうか。

阿部寛さんとムロツヨシさんも面白かったですね。

まえだまえだの旺志郎くんも元気で可愛らしくて面白かったですし。

そして主人公や敵がコミカルになった分、大倉忠義さんはカッコ良かったですね。