チア☆ダンはauスマートパスとU-NEXTで動画配信

以前…オジ中年が”バラエティー”待つ子で、会議風景の「晩RUNDAY」気分になった放送でさぁ。

「チアダン巣~!?」

チアダンススクールって…大人が集まる素敵なる”巣”にも感じたし、MCがリモート体制でツッコミ入れるダン「素」する方の年齢も幅広かったんでねぇ。

年齢に制限はない…海外映画でも”おばあちゃん”が奇跡を起こしたらしい、事実を元にした「王道バージョン」とも言えそうな日本版を推したくてさぁ。

「チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話」

観て☆イイっす…言いつつ。

実は…おじさん感動しないと”油断”してたので、ラストで魅せるダンスの凄さで「要ダン」スしたい涙誘いたい家族なんでねぇ。

「シャレ優位男っす!?」

…Shall we 男っす夫~。

ではなく…ダジャレばかりの人生に”ダンス”要素も大事だトォ~、毎回挫折してるけど「駄目っす」と決めつけない人生を学べる映画とも・指定~増す・ぞぃ。

 

『チア☆ダン』はauスマートパスとU-NEXTで動画配信されています

 

 

 

auスマートパスの公式サイトは下記です

↓ ↓

 

auスマートパスプレミアムのの30日間の無料お試しキャンペーンはこちら!

 

エンタメ

 


 

U-NEXTの公式サイトは下記です

↓ ↓

U-NEXTの1ヶ月間の無料お試しキャンペーンはこちら!

 

U-NEXT

 

Contents

放映中最新ドラマ・映画・雑誌などが見れるVOD

auスマートパスプレミアム

 

auスマートパスプレミアムはauだけでなくdocomoやSoftBank、UQ mobileなどでもご利用できます

見放題作品も多数配信中

最新のJ-POPから名曲まで聴き放題です

人気のファッション誌や週刊誌が読み放題です

ライブチケットの先行予約もできます

毎週月曜日は映画館で1100円で映画が楽しめます

ショッピングやクーポンなど日常で使えるおトクな特典が盛りだくさんです

 

auスマートパスの公式サイトは下記です

↓ ↓

 

auスマートパスプレミアムのの30日間の無料お試しキャンペーンはこちら!

 

エンタメ

 

auスマートパスプレミアム お奨め作品

 

 

U-NEXT(ユーネクスト)

 

『チア☆ダン』のコミックはU-NEXTで読めます

 

 

U-NEXTは高画質が売りで国内でも最大手のサービスです

31日間の無料お試しキャンペーンしているため、最新話も無料で見れます

入会ポイントも600ポイント無条件で付与されます

 

スマホ(スマートフォン)、タブレットやtvなどでダウンロード(dl)再生も可能なため、パケット通信費用が抑えられます。

高画質のストリーミング再生が屋外でも可能な点は魅力な点でお勧めできます。

映画、ドラマ、アニメなど最新作から名作まで、140,000本以上以上配信しています!
※見放題作品90,000本、レンタル作50,000本(2019年1月末時点)

スマホ・パソコン・タブレット・テレビ、あらゆるデバイスで楽しめる動画サービスです。

成人向け作品も31日間無料トライアルで視聴可能ですが、
ペアレンタルロック機能を使用して、非表示にすることも可能です。

雑誌も80冊以上読み放題で、電子書籍も充実しております

映画やドラマ、アニメの原作なども合わせて楽しめます。

 

電子書籍も無料で読めてお得です

U-NEXTの公式サイトは下記です

↓ ↓

U-NEXTの1ヶ月間の無料お試しキャンペーンはこちら!

 

U-NEXT

 

U-NEXTおススメ作品

ドラマ

 

邦画

 

洋画

 

韓流・アジアン

 

アニメ

 

 

キラキラ過ぎルン…事実に”基づいて”演じてくれる、観る側に勇気をくれる「モット~築いて」魅せる俳優陣っす。

 

友永ひかり(広瀬すずさん)

玉置彩乃(中条あやみさん)

紀藤唯(山崎紘菜さん)

東多恵子(富田望生さん)

永井あゆみ(福原遥さん)

山下孝介(真剣佑さん)

村上麗華(柳ゆり菜さん)

八代浩(伊藤健太郎さん)

絵里(南乃彩希さん)

大野(陽月華さん)

ひかりの父(木下隆行さん)

多恵子の母(安藤玉恵さん)

教頭先生(緋田康人さん)

校長先生(きたろうさん)

早乙女薫子(天海祐希さん)

 

アツい教師…天海祐希さんが”鬼”になる指導が、後に響いて粋になる女「王に」感じる大人っす。

 

今…教育現場では”厳しい”指導には風当たりが強いかもで、生徒の個性を分かってくれる人が減って「気分し~ん」の親目線だけどさぁ。

昔…昭和の時代には”僕の先生”は嵐を巻き起こすまでは無かったけど、授業途中で脱線した話にはアツい思いを感じる「べきの宣誓」の言葉となってましてねぇ。

「ウザイじゃない、エエ財っす⤴」

厳しい事で学べた…昔は”ウザイ”と言われる説教でも、大人になれば痛感する我が子への指導が「エエ材」料になる教えの一部になるしさぁ⤴。

「材料とは、罪利用にも!?」

但し…厳しいだけの材料と”捉える”と、大きな間違いで取り返しのつかない「捕らえる」心だけになってしまうからねぇ。

「早乙先生に、さぁ求める宣誓に!?」

観て欲しいっす…特に”ラスト”で明かされる、人生をかけて教え子に向かう姿が「礼っす等」が多すぎる先生が増えて欲しい教育現場と感じる日本の未来に期待して〆るぞぃ。

安易な気持ちで応援したい”モットー無効”で、チアダンス部に入った女子高生は「もっと向こう」へ夢追いかける青春が始まります。

県立福中央高校に入部した…友永ひかり(広瀬すずさん)は、中学からの同級生でサッカー部の孝介(新田真剣佑さん)を応援したいだけでチアダンス部に入ります。

しかし。

顧問である早乙女薫子(天海祐希さん)は、目標を全米制覇と掲げるスパルタぶりであり…。

おでこ出し絶対&恋愛禁止と言う…女子高生には厳し過ぎる指導をしていたのです。

そして。

早くも退部者が出て行く中で…。

なんとかチームメイト部長・彩乃(中条あやみさん)の存在に助けられながら、素人ばかりの部員で活動するのでしたが…。

大会出場しても、失敗ばかりのチームには廃部の危機が迫ってしまいます。

しかし…ひかりは校長室におしかけ、なんとアメリカで優勝し全米制覇を目指す決意表明をしてしますのです。

こうして。

ひかり達は夢に向かい…誰も見ることが出来ない景色を目指し踊り続けるのでした。

 

成長して生きる姿…大人が”忘れた”夢を諦めさせない、そんな損しない人生に「私レター」したい未来の自分かも。

 

基本…女子高生が”世界制覇”する、ホントの話を映画化&ドラマでも有名な「全開生徒派」なる学生物語だけどさぁ。

よくよく考えたらねぇ。

「大人でも、お隣でも!?」

近所の話…ジャンル違えど趣味とは”言わせない”領域越で、指導者として大会にも出場してる「良いわ世代」のおばあちゃんが居るからねぇ。

「大正琴で、大勝利事DAY⤴」

見習うのでして…最初に”書いた”チアダンスで活躍する方達にも、決して高校生から始めた人だけじゃない「悔いた」りしない人生となるからさぁ。

「チア☆ダンに、視野☆談に!?」

ぜひ…他人事”じゃない”キラキラ感じて、自分も夢が見つけて「しゃ~ない⤵」とならない人生の・財利用・して欲しい映画の魅力としますぞぃ。

 

ダンスブーム…新たなる”切り口”で人気爆発させた、今なお語り継がれる「きりっと勝ち」にさせた作品を生み出した製作者達です。

 

監督:河合勇人さん 映画・ドラマ等、あらゆる世代に向けた斬新なアイデアで活躍し続ける監督さんです。

脚本:林民夫さん 1991年…アニメ・サザエさんの脚本家デビューから、今後公開映画でも期待大の方です。

音楽:やまだ豊さん

主題歌:大原櫻子さん「ひらり」 女優さんとしても活躍される、ももクロ推しでも有名なアーティストさんですね。

挿入歌:大原櫻子さん「青い季節」

企画プロデュース:平野隆さん

プロデューサー:辻本珠子さん・下田淳行さん

共同プロデューサー:前田菜穂さん・原公男さん

音楽プロデューサー:桑波田景信さん

チアダンス振付:三田村真帆さん・丸太えり子さん・若杉嘉奈子さん・山田里菜さん・加藤あいさん・渡辺あさぎさん・森村亜理沙さん・山本琴乃さん・中野晶子さん

ラインプロデューサー:及川義幸さん

撮影:花村也寸志さん

照明:永田英則さん

美術:金勝浩一さん

装飾:湯澤幸夫さん

録音:小松崎永行さん

編集:瀧田隆一さん

VFXスーパーバイザー:小坂一順さん

スクリプター:杉本友美さん

助監督:李相國さん

制作担当:高瀬大樹さん

スペシャルサンクス:福井県立福井商業高等学校チアリーダー部・JETS

 

元…もっと~”好き”になる、ビシバシステム・緋田康人さんには、俳優さん推しも良いけど「隙」に鳴るネタが・来る~染み増す・っす。

 
dr

ココ短いですけど…過去”コント”も好きだった方なので、偶然見たTVでのオチがスゴ過ぎた「恋いトォ~」言える話がさぁ。

「ボキャブラ天国で、僕キャ~ブリ天国⤴」

芸歴探るトォ~…Gay歴”多度ルン”させるネタでして、空耳アワ~風なる有名な「多分ループ」してる動画もあるかもでしてねぇ。

「兄は夜更け過ぎに、ユキエに変わるだろう♪」

替え歌…一応”安全”サイトで聞けたら嬉しいかもでして、コーヒー飲みつつ小指立てたフリも・YOU綺麗・らしい「唖然」になるユキエ変身が好きなネタ推しでしたっと⤴。

映画評価って…時として”自分”に該当しないと、世間に合わせる偽りもありそうな「自身」を否定しない素直な感動しようぜっと。

色んな意味で…異論ないイイ観で⤴。

特に…油断②痛”と泣いた”ラストになったチア☆ダンでして、自分とはかけ離れた環境なのに「唱えた」テーマソングもハマったからさぁ。

「評価って、今日変わって!?」

変わると思う増~…イイながら”広瀬すず”さん推しで観た映画が、我が人生の心に残る映画で泣いてる「披露せず」の今日までを反省してる・恥や~☆男・〆でしたっと。